天井のシミ、壁のひびわれ、雨どいの破損でお困りではありませんか?山形県の雨ん防にお任せください!

雨漏り修理・外壁工事の雨ん防-あめんぼう-
0120241699
0120241699
SNSで最新情報配信中!
  • Facebook

業務内容Business

雨ん防の業務内容

防水工事

防水工事にも様々な工法があり、使う場所や下地によって大きく変わってきます。

1.ウレタン防水
ウレタン塗膜防水は防水材を流し込み、乾燥後伸縮率の高いゴム状の物質になりますので、地震等による建物の動きがあってもそれに追従でき、ヒビ割れを極力抑えられます。継ぎ目がない仕上がりとなるので、シート防水のような継ぎ目からの漏水や剥がれの心配もありません。
2.アクリル塗膜防水
アクリル防水の最大のメリットは、金属屋根にも防水が可能ということ。なので、折板屋根やトタン屋根にも防水することができます。シームレスに防水ができるので、ある程度の予測さえつけば確実に防水が可能となります。
アクリル塗膜防水工事の様子

ウレタン防水の様子

3.FRP防水
FRPとは、繊維強化プラスチックの事です。車のエアロやプロテクターなどにも使われている頑丈な素材です。この防水材はガラスマットのような繊維が入っているので、曲げ強度、ひび割れ等が出にくい防水材です。主に新築のベランダに使われています。下地はコンパネ下地から出来るので、木造住宅にはピッタリです。
4.塩ビシート防水
シート防水は施工性が良く、コスト削減、工期の短縮にもなります。機械固定工法により、下地撤去やトップコートが不要です。
その他にもポリマーセメント防水、モルタル防水や加硫ゴムシート防水などがありますが、下地によって使う材料が変わるので、綿密な打ち合わせをして工事を進めていきます。
塩ビゴムシート防水工事の様子
5.アスファルト防水
防水工法の中で最も歴史が古く、信頼性があります。積層のため水密性が高く、耐水性、耐候性に優れています。保護層があるため防水層の耐用年数が長く、多目的使用が可能になります。
6.改質アスファルト防水
改質アスファルト防水の主な特徴は、合成ゴムや合成樹脂をアスファルトに添加し、耐久性、耐候性を向上させたシートをトーチバーナーであぶりながら接着して、防水層を形成する工法です。トーチバーナーによる溶融、融着により防水層が一体化します。塗膜防水と比べて耐用年数も長いことから、サイクルコストを懸念すれば断然お勧めな防水工法の一つです。
改質アスファルト防水工事の様子

その他にもポリマーセメント防水、モルタル防水や加硫ゴムシート防水などがありますが、下地によって使う材料が変わるので、綿密な打ち合わせをして工事を進めていきます。

塗装工事

塗装工事のポイントは、下地処理によって仕上が大きく変わるということ。

確かに綺麗に上塗りするのは大切なことですが、下地処理が不十分だと仕上げにまで影響してしまうのです。

1.モルタル外壁の場合
モルタル補修…主に段差や欠損部分を修正します。モルタルを平らにぼかすのがポイント。
2.窯業系サイディングの場合
シーリング打ち替え…サイディングには漏水防止に継ぎ目にはシーリング(コーキング)というものが充填されています。これは年数と共に弾力がなくなり、ヒビや剥離等の症状が出ます。そうすると本来の目的である防水効果はなくなり、内部に漏水によるカビや雨漏りが発生します。塗りなおす前に必ずチェックしなければならない工程です。
窯業系サイディング作業の様子
3.鋼板系サイディング、角波トタンの場合
ケレン…ケレンとは、サンドペーパーやマジックロンという錆取工具で錆を除去することです。ディスクグラインダーという電動工具も併用する事があります。錆の発生部分だけではなく全体を擦る事で密着性も向上しますので、大事な工程です。
4.塩ビやプラスチック系の樹脂板の場合
目粗し…錆びる事はありませんが、年数と共に粉っぽくなるうえ、弾力がなくなり割れてしまう恐れがあるため、定期的に塗った方が長持ちします。下地処理としては、ペーパーによる確実な目粗しと相性の良い下塗り材の選択です。重要なのは、素地に合った適切な塗料を塗る事。塗装工事は、基本下塗り1回上塗り2回を守る事です。

板金工事

破損した雨樋を修理することも、建物にとっては重要です。

雨樋工事
雨樋は、建物に降り注ぐ雨水を適切に排出するための大事な設備です。その雨樋が破損すると、建物が直接ダメージを受け、放っておくと建物の劣化や雨漏りに繋がってしまうおそれがあるため、破損した雨樋はできるだけ早く治す必要があります。
大雪などの自然災害で傷んだ雨樋は、住宅火災保険の保険請求対象となっており、保険金で修復工事が可能な場合があります。自動車の保険と違い、等級がありませんので、保険料が上がるという心配もありません。
板金工事の例

工事までの流れ

CAPTER 01

お問い合わせ・ご相談

お困りの症状がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

お電話、メールにて受け付けております。

お問い合わせ・ご相談

CAPTER 02

現地調査

実際に現地へお伺いし、ご相談いただいた症状について確認します。

現地での調査

CAPTER 03

お見積

お客様に確認した内容、現地調査で確認した内容を元に、材料や施工面積などの詳細を記載したお見積を作成します。

お見積の作成

CAPTER 04

ご契約

お見積を検討していただいたのち、お支払い方法、着工日などを再確認してご契約となります。

ご契約

CAPTER 05

近隣への通知

工事着工前に、近隣住民の方に工事日程をお知らせします。

事前に通知することで、トラブル防止になります。

CAPTER 06

工事着工(施工)

足場の組立、下塗り~上塗り作業など様々な段階を踏んで工事を行います。

工事着工(施工)

CAPTER 07

工事完了・お引渡し

お引渡しの際、施工中に撮影した写真ファイル、完了報告書をお渡ししております。

完了報告書

CAPTER 08

アフターフォロー

これからお客様との長いお付き合いが始まります。
工事をさせていただいた箇所に、不具合やその他気になる所がございましたら、すぐにご連絡下さい。迅速に対応いたします。

お問い合わせはこちら

ページTOPへ戻る